2006年06月13日

日本、逆転負け!日本に欠けていたものとは?

日本、オーストラリアに逆転負け、残念!

この試合は、毎度お馴染みの

日本の決定力不足が露呈したゲーム。

1点目は中村からのボールがもうけもんで入った得点。

自らであげたゴールはなかった。



相変わらず、決められる場面は多くあったが

結果的には決められなかった。

これはなぜなのか?

見ている側は日本には

ゴール前で大事に行こう、大事に行こうという意識がうかがえた。

ゴール前で強引にいくことが日本にはない!

はっきりいって、日本には強引さが足りなかった!

その差が、オーストラリア3点、日本1点の差だったのだろう。



2点目を早く決めていれば、

勝っていた試合だったろうに・・・

FW大黒の投入時期が遅すぎたのではないか?

これは結果論ではあるが・・・



これで、日本は1次予選突破が非常に厳しい状況になった。

2戦目、3戦目のクロアチア、ブラジルで

最低でも1勝1分以上、

現在の得失点差が−2ということを考えると、

1勝1分でも得点差をつけて勝たなければ、

予選突破はまず無理だろう!

そう考えると2勝しないと厳しいかもしれない。



最低次のクロアチア戦は必ず勝つ必要がある。

何がクロアチア戦に必要なのか?

まず、@強引さをもて!

Aゴール前ではパスせずに自分でゴールを打て!

B大黒を早めに投入せよ!

CクロアチアMF、ニコ・クラニツァールに仕事をさせるな!

D早いパス回しができる展開に持ち込め!



ということが全てクリアできれば

クロアチアには必ず勝てるだろう!



次のクロアチア戦は、18日。

このままの状態の日本では、必ず負ける。

5日間で課題を修正できなければ、オーストラリア戦の

二の舞になるだろう!



またTVの前で熱くなる18日がやってきます。

応援は万全の体制で望みたいものです。

そこで、

ちょっとめずらしい日本代表グッズをご紹介しましょう!



まず、サッカー日本代表のビッグタオル



タオルにしてはめずらしいユニフォーム型。

「Go For 2006」の文字が大きくプリントされてます。



サッカー日本代表ポロシャツ



日本代表選手が実際に着ているポロシャツと同じ

3本ラインのアディダス社製。

左胸にはJFAのロゴと大会スポンサーである

「KIRIN」のロゴをプリント。



日本代表 サイン&ナンバー Tシャツ



胸にサインの入ったナンバーTシャツ。

サインの入ったものは珍しい。



サッカー日本代表 ドイツW杯出場記念Tシャツ



「SAMURAI BLUE 2006」という今年の日本代表のキャッチコピーと

ジーコ監督、23名の日本代表選手名がかかれたTシャツ。



日本代表選手が使っているバックと同じバック、



色は、ブラックとメタリックシルバーの2タイプ。

機能性もデザイン性にも優れた本格仕様で、

代表選手も使っているだけに使い勝手もベスト!

携帯用ミュージックプレーヤーを入れて、

イヤホンだけを出せるよう工夫されています。



あなたも日本代表グッズを取り揃えて

応援してみてはいかが!


人気blogランキングに参加してます、よかったらクリックしてくださいね。
posted by ラッキーマン at 00:56| Comment(0) | TrackBack(2) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

W杯日本代表敗戦の理由
Excerpt: サッカーW杯日本代表オーストラリア戦敗戦の本当の理由
Weblog: おもしろブログ紹介
Tracked: 2006-06-13 15:02

 サッカーW杯 晴れのち雷雨 
Excerpt: サッカーW杯。日本が初戦のオーストラリア戦、1対0とリードしながら最後の数分で逆転負け。
Weblog: Ball Game Mania 節丸裕一のブログ
Tracked: 2006-06-17 00:08
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。