2006年06月25日

W杯で日本が負けた理由とは?

残念ながらドイツW杯日本

決勝トーナメントには進めず、

グループリーグ敗退という結果に

終わってしまいましたね!

これは予想通りの結果。



冷静に見れば力的には日本が最も劣っていた。

が、しかし、第1戦のオーストラリアに勝っていれば

おそらく、事態は変わっていたでしょう!


オーストラリアに勝てばグループリーグ突破、

負ければ、グループリーグ敗退になるだろう!

と予想していたが、その通りになってしまいました。


クロアチアが引き分けが2つで、

1勝もできなかったのが意外だったが・・・



日本のチームにはやはり、ブラジルサッカーは合わない、

今回のW杯で、よりこのことを強く実感しました。


ブラジルの個人技主体のサッカーより、

ヨーロッパの組織型サッカーの方が日本にはマッチしている。

必然的に、監督もブラジルの監督よりも

ヨーロッパの監督の方が日本にはあっているのでは?!

ジーコが悪かったというのではなく、

ヨーロッパの監督の方が、イイということである。



戦術的にはトルシエの方が良かったように思う。

これはヨーロッパの監督とブラジルの監督の違い

に過ぎないが・・・

監督の質という意味では、あきらかにトルシエよりも

ジーコの方が上であったのだが・・・



次期の日本代表の監督にはヨーロッパ出身の監督が

ベストだろう!その監督が日本にマッチしたときこそ

日本のサッカーがやっと目覚めることになるのでは

ないでしょうか?!



次期日本代表の監督として、

ジェフ千葉の監督、

オシム氏の就任が濃厚とのこと。


オシム氏は1990年のW杯で、旧ユーゴスラビアを

ベスト8に導いた名将。

チームにスター選手ばかりはいらないというオシム氏。

ジェフ千葉でふるった手腕が

日本代表をいかに育成していくのか?!

非常に楽しみなところです。

まだ正式決定ではないですが・・・



とにかく、ゴールを奪う積極性が

日本には相変わらず足りないのをどうにかしないと。

特にFWの決定力が他の国に比べると

低すぎるのをなんとかしないと、

これ以上の日本の向上はない!




人気blogランキングに参加してます、よかったらクリックしてくださいね。
posted by ラッキーマン at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19845816

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。