2005年08月07日

私が書いた「東京ホテル本」は、こんな感じです。

本2.jpg本4.jpg

私が書いた本 

「宿泊客からの目線・6つのポイントからみた
本当にオススメの東京ホテル」


ご注文、お申し込みはこちらからどうぞ。)


を先日のブログでもご紹介しましたが、

どんな感じかっていうと、

「本の内容・もくじ」はこんな具合になってます。


<もくじ>

はじめに 


第1章 ホテルに望むことは


個客第一で 

6つのファクター 立地 

施設・設備 

景観 

接客・サービス・もてなし 

帝国ホテルとホテルオークラ 

菓子屋 三万石

料金性 

特長 

ポイント表を参考に

 

第2章 通常シングル2万円以上のホテル


東京駅から近い豪華ホテル  フォーシーズンズホテル丸の内東京  

洗練された落ち着けるホテル  ストリングスホテル東京 

隠れ家的なホテル  アグネスホテルアンドアパートメンツ東京  

接客サービスが素晴らしい老舗ホテル  帝国ホテル・ホテルオークラ 



第3章 通常シングル1万円〜2万円のホテル


新しいタイプの快適ホテル  セレスティンホテル 

コンフォートシングルサービスのあるホテル  アートホテルズ浜松町 

東京ドーム・ラクーアに行くならこのホテル  東京ドームホテル 

六本木にある好アクセスの穴場ホテル  ホテルアルカトーレ六本木 



第4章 通常シングル1万円以下のホテル

ランドリー付き長期滞在OKのホテル  東急ステイ四谷 

大浴場・露天風呂があるビジネスホテル  ドーミーイン浅草 

日韓サッカーW杯でブラジル・ベルギー代表
チームが宿泊したホテル  ラフレさいたま 

銀座・築地に行くのは便利なホテル  京王プレッソイン東銀座 

テレビ一体型パソコン設置のビジネスホテル ホテルサンルート五反田 

大浴場・OAコーナーなどがあり
設備充実のビジネスホテル  ホテル法華イン八丁堀 



第5章 そのホテルの売りと改善点


日本橋人形町のニューホテル戦争 

西鉄イン日本橋 

ホテル 日本橋サイボー 

ウイークリーマンション東京 日本橋 

ホテルの売り 

ホテルの悪い例と改善点 

高額宿泊料金Aホテル 

高額宿泊料金Bホテル 

宿泊料金2万円以下のCホテルと1万5千円以下のDホテル 



第6章 究極のホテルとは


東京各ホテル総括 

CS・リピーターが重要 

ホテルをより良くするには 

究極のホテルとは 

おわりに 


おまけ 2005ニューオープンホテルと今後オープンする東京ホテル 

掲載 美味店メモ 

東京ホテル データメモ 



と、こんな感じです。


ホテル宿泊・情報収集・チェック

写真撮影・ホテル広報取材・執筆・レイアウトなど

自分で全てつくりましたので、このブログでのみの限定発売になってます。



この本のコンセプトは、

今までの雑誌などによくあるような、豪華ホテルを取材し、

きれいな写真を載せた表面的なものではなく、

実際の1宿泊客として宿泊してみて、

宿泊客の目線でどうなのかをテーマにしています。

「現場」「個客」「もてなし」というものに

主体をおいて書いたものになっています。



当初は某出版社から共同出版というカタチで

120ページ、モノクロ写真使用で

昨年の12月に発売する予定で契約していたのですが、

その出版社がとんでもない会社だったので、

結局、出版契約を解約させてもらいました。(本編に掲載)



ホテルに宿泊後、出版予定だった出版社名を挙げて、

掲載ホテルの広報もまわらせて頂いたのですが

非常に残念でした。



その関係で、こういう形での発売になりました

ことをご了承、ご理解して頂きたいと思います。



本型式というよりは レポート型式になっています。

が、しかし中味は濃いものになっているはずです。


実際、出版社から発売するよりもページ数、写真も

約2倍に、ボリュームアップしています。

(本書97P、通常出版用量220P相当)

モノクロ写真の予定でしたが、カラーでできましたし、

中味も改良を加えてあります。

ただ自分ひとりで全てを製作するため

手間と時間が掛かってしまいましたが・・・(笑)。



この本は取材としてではなく、実際に宿泊客として宿泊し、

宿泊客の目線を意識して書いています。

ホームページでは書けなかったことや、写真も多く採り入れていますので

自信をもって皆様にオススメできるのでは と思っています。



私が、全国数百軒のホテル宿泊経験から

今回は、実際に宿泊した

いろいろなオススメの東京ホテルについて

宿泊客の目線・6つのポイントを中心に書かせて頂きました。


これから東京のホテルに宿泊される方、

ホテルに非常に興味がある方、

ホテルで働いている方など

ひとりでも多くの方に読んで頂けると

非常に嬉しいです。

ご注文、お申し込みはこちらからどうぞ


人気blogランキングに参加してます、よかったらクリックしてくださいね。


posted by ラッキーマン at 13:05| Comment(1) | TrackBack(1) | 東京ホテル本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月20日

宿泊客からの目線・6つのポイントからみた   本当にオススメの東京ホテル 発売

私が書いた本 

「宿泊客からの目線・6つのポイントからみた
本当にオススメの東京ホテル」


がついに、ついに、ついに完成しました!

hon1.jpg


とはいっても出版社からではなく、ホテル宿泊・情報収集・チェック

写真撮影・ホテル広報取材・執筆・レイアウトなど

自分で全てつくりましたので、このブログでのみの限定発売になります。


この本のコンセプトは、

今までの雑誌などによくあるような、豪華ホテルを取材し、

きれいな写真を載せた表面的なものではなく、

実際の1宿泊客として宿泊してみて、

宿泊客の目線でどうなのかをテーマにしています。

「現場」「個客」「もてなし」というものに

主体をおいて書いたものになっています。



当初は某出版社から共同出版というカタチで

120ページ、モノクロ写真使用で

昨年の12月に発売する予定で契約していたのですが、

その出版社がとんでもない会社だったので、

結局、出版契約を解約させてもらいました。(本編に掲載)



ホテルに宿泊後、出版予定だった出版社名を挙げて、

掲載ホテルの広報もまわらせて頂いたのですが

非常に残念でした。



その関係で、こういう形での発売になりました

ことをご了承して頂きたいと思います。



本型式というよりは レポート型式になっています。

が、しかし中味は濃いものになっているはずです。


実際、出版社から発売するよりもページ数、写真も

約2倍に、ボリュームアップしています。

モノクロ写真の予定でしたが、カラーでできましたし、

中味も改良を加えてあります。

ただ自分ひとりで全てを製作するため

手間と時間が掛かってしまいましたが・・・(笑)。



この本は取材としてではなく、実際に宿泊客として宿泊し、

宿泊客の目線を意識して書いています。

ホームページでは書けなかったことや、写真も多く採り入れていますので

自信をもって皆様にオススメできるのでは と思っています。



私が、全国数百軒のホテル宿泊経験から

今回は、実際に宿泊した

フォーシーズンズホテル丸の内東京、ストリングスホテル東京

帝国ホテル、ホテルオークラなどの豪華なシティホテルから

京王プレッソイン、ホテルサンルート、東急ステイなどのビジネス系ホテルまで

いろいろなオススメの東京ホテルについて

宿泊客の目線・6つのポイントを中心に書かせて頂きました。


これから東京のホテルに宿泊される方、

ホテルに非常に興味がある方、

ホテルで働いている方など

ひとりでも多くの方に読んで頂けると

非常に嬉しいです。



完成を記念して、今月〜7月末までに

この本を購入され、ご意見アンケートを頂いた方の中から

感謝のしるしとして、抽選で以下の商品を プレゼントしちゃいます。

(締め切りは7月31日到着分までと させていただきます。)

ご注文、お申し込みはこちらからどうぞ

ご意見アンケートはこちらから



当選者は私のブログの中で発表致します。(8月中旬ごろ)



(東京のホテルでなくて申し訳ないのですが)

@ グランドハイアット福岡 ホテルギフト券 5,000円分 1名様


A グランドハイアット福岡 ホテルギフト券 1,000円分 1名様

ご宿泊やホテル内直営レストラン&バー(一部除く)でご利用できます。


B 博多料亭 稚加榮 の辛子明太子 1,575円分 1名様 


C 辛子明太子 椒房庵 の博多からしめんたいせんべい 

   三味詰め合わせ 18枚入り 1,050円分 1名様


D 雲仙きのこ本舗 養々麺 3食入り 1,000円分 1名様


商品の詳細は私のブログで随時紹介していきますので、ご覧ください。


人気blogランキングに参加してます、よかったらクリックしてくださいね。



posted by ラッキーマン at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京ホテル本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。